長続きしないだろうけど長続きさせてみようブログ
適当にやってみます
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏島ンヌ太郎
みる挽きです。いつも訪問ありがとうございます。
アダルト昔話。
好評を頂いていたので熱しやすく冷めやすい私は熱しているうちに第二弾。
今回のお話はアダルト浦島太郎裏島ンヌ太郎Zです。
前回とはちょっと趣向を変えまして
物語の本質的なものは全部そのままいってみたいと思います、イッキに。

じゃ、早速。

むかしむかし。
ある村に心がやさしく、時としてお下劣…
いや、基本お下劣の裏島ンヌ太郎Zという若者がいました。
ltdslip_180.jpg
     裏島ンヌ太郎Z氏

裏島ンヌさんが海辺を通りかかると、子どもたちが何やら騒いでいます。
20050905132258.jpg

近寄って見てみると・・・

e6883700.jpg
訪問して下さっている方、誰もが想像した通りのカメを
子どもたちがいじめています。

ltdslip_180.jpg
「おやおや、かわいそうに、はなしておやりよ」



tado3tado3_180.jpg
「いやだよ。おらたちが、やっとつかまえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」


見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、裏島ンヌさんを見つめています。
かめ


裏島ンヌさんはお金・・・の代わりになるようなものを取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。
122286778_1.jpg
「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ」

tado3tado3_180.jpg
「うん、それならいいよ!」


裏島ンヌさんは、子どもたちからカメを受け取ると、
「大丈夫かい? もう、つかまるんじゃないよ」
と、カメをそっと、海の中へ逃がしてやりました。

utyukaijyugamera_516_20080201.jpg
このご恩は一生忘れませ~ん



さて、それから二、三日たったある日、
裏島ンヌさんが海に出かけて魚をつっていると…
062107-477.jpg
裏島ンヌさんは大の魚釣り好き




「・・・島ンヌさん、・・・Zさん」
と、誰かが呼ぶ声がします。



ltdslip_180.jpg
「おや? だれが呼んでいるのだろう?」




「わたしですよ!」

 すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出して言いました。
かめ2

「このあいだは、ありがとうございました」
とカメ



ltdslip_180.jpg
「ああ、あのときのカメさんかい」


「はい、おかげで命が助かりました。ところで裏島ンヌさんは、竜宮へ行ったことがありますか?」
潜望鏡カメ



ltdslip_180.jpg
「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」
「安いのかい?」
「若いコはいるのかい?」
「基盤はアリかい?」


「あ…いや、海の底です」
とカメ



ltdslip_180.jpg
「えっ? 海の底へなんか、行けるのかい?」




「はい。わたしがお連れしましょう。さあ、背中へ乗ってください」
img940_P1000739.jpg
ゴロゴロゴロ…
「え?なんかそのー背中に乗ってるっていうか…乗ってすらいないし、むしろ乗ってますよね?」


そんな戯言は耳に入れずカメは裏島ンヌさんを背中に乗せて、海の中をずんずんともぐっていきました。

0a3d95668f4bf001f429-L.jpg
海の中には、まっ青な光が差し込み、コンブがユラユラとゆれ、
赤やピンクのサンゴの林がどこまでも続いています。

BFB7BDC9A5CDA5AAA5F3B3B9.jpg
「わあ、きれいだな」
裏島ンヌさんがウットリしていると、やがて立派なご殿へ着きました。


p4.jpg
「着きましたよ。このご殿が竜宮です。さあ、こちらへ」

カメに案内されるまま進んでいくと、
この竜宮の美しい乙姫(源氏名)嬢が、
色とりどりの魚たちと一緒に裏島ンヌさんを出迎えてくれました。

photo.jpg
色とりどりの魚に裏島ンヌさんも興奮







ihp.jpg
「ようこそ、裏島ンヌさん。わたしは、この竜宮に入店三日目の乙姫です。
このあいだはカメを助けてくださって、ありがとうございます。
お礼に、竜宮をご案内します。延長コールはちゃんとしますのでどうぞ、ゆっくりしていってくださいね」



裏島ンヌさんは、竜宮の広間ヘ案内されました。

1f_playroom_b.jpg



裏島ンヌさんが用意された席に座ると、
魚たちが次から次へと、ごちそうを運んできます。
takenoya-3.jpg
※魚たちが運んでくれたごちそうの一例




wakamatsu_03_top-thumb.jpg
ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、
タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます。
ここはまるで、天国のようです。


そして、
「もう1クール!じゃ延長30分てのも出来ますから!」
と、乙姫嬢にいわれるまま竜宮で過ごすうちに、三年の月日が経ってしまいました。


ある時、裏島ンヌさんは、はっと思い出しました。
ltdslip_180.jpg
(家族や友だちは、どうしているだろう?)
そこで裏島ンヌさんは、乙姫嬢に言いました。

ltdslip_180.jpg
乙姫チャン、今までありがと!・・・ですが、もうそろそろ家へ帰らせていただきます」



「帰られるのですか? よろしければ、このままここで暮しては」


ltdslip_180.jpg
「いいえ、わたしの帰りを待つ者もおりますので」



すると乙姫嬢は、さびしそうに言いました。
「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげに玉手箱を差し上げましょう」

ltdslip_180.jpg
      「土手箱?」




ihp.jpg

「いや、玉手箱ですってば。この中には、裏島ンヌさんが竜宮で過ごされた『時』が入っております。
これを開けずに持っている限り、裏島ンヌさんは年を取りません。
ずーっと、今の若い姿のまま、ずーっと今の角度でいられます。
ですが開けてしまうと、今までの『時』がもどってしまいますので、決して開けてはなりませんよ」


「はい、わかりました。ありがとうございます」
20060805210657.jpg
 乙姫嬢と別れた裏島ンヌさんは、またカメに送られて地上へ帰りました。


地上にもどった裏島ンヌさんは、まわりを見回してびっくり。
1b43cd7113f246fc2e6edcc5d6b4869d.jpg
「おや? わずか三年で、ずいぶんと様子がかわったな」

hokutonoken2.jpg
たしかにここは、裏島ンヌさんがつりをしていた場所なのですが、なんだか様子がちがいます。


fo3_main_921s.jpg
裏島ンヌさんの家は、どこにも見あたりませんし、出会う人も知らない人ばかりです。
いつの間にかカメも犬に変ってるし。


「わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越したのだろうか?」
「・・・あの、すみません。裏島ンヌの家を知りませんかー!!?」
jinsei2.jpg
裏島ンヌさんが二人組の老人の一人にたずねてみると、老人は少し首をかしげて言いました。


120847479030616222630.jpg
「裏スジをもっと…あ、失礼。裏島ンヌ? ・・・ああ、たしか裏島ンヌという人なら、
…痛っ!歯を立てずにもっと玉のほうから…あ、いや失礼。
裏島ンヌという人なら七百年ほど前に海へ出たきりで、帰らないそうですよ」


ltdslip_180.jpg
「え?」



老人達の話しを聞いて、裏島ンヌさんはびっくり。
 竜宮の三年は、この世の七百年にあたるのでしょうか?
「家族も友だちも、みんな死んでしまったのか・・・」
がっくりと肩を落とした裏島ンヌさんは、ふと、持っていた玉手箱を見つめました。

fo3_filed_2s.jpg
あ~なんか変なのくるし!

「そういえば、乙姫チャンは言っていたな。この玉手箱を開けると、
『時』がもどってしまうと。・・・もしかしてこれを開けると、自分が暮らしていた時に戻るのでは」

ph.jpg
そう思った裏島ンヌさんは、開けてはいけないと言われていた玉手箱を開けてしまいました。


モクモクモク・・・。
56-14.jpg

 すると中から、まっ白のけむりが出てきました。

「おおっ、これは」


pig.jpg
けむりの中に、竜宮や美しい乙姫嬢の姿がうつりました。
そして楽しかった竜宮での三年が、次から次へとうつし出されます。


ltdslip_180.jpg
「ああ、わたしは、竜宮へ戻ってきたんだ」
 裏島ンヌさんは喜びました。






 でも、玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、
その場に残ったのは・・・なんと!
sunset.jpg



ltdslip_180.jpg
髪の毛もひげもまっ白の、ヨポヨポのおじいさんになった裏島ンヌ太郎Zさんだったのです!
いや、あなた最初から変ってないですから・・・
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。