長続きしないだろうけど長続きさせてみようブログ
適当にやってみます
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下品すぎてお蔵入り!特別公開! リレー小説byわいふ
それはいつもと変わらない仕事サボりのツイッター。

彼の何気ないつぶやきから始まった…。

@Wife_Freemanの叫び
「勃起したペニス物語の芸名決めるときに、
たまにチンコいじってますよね…
やっぱりWWWはらいてー!」


by 叫びったー [ http://bit.ly/sakebi ]

ハイ。みる挽きです。
ちょいちょい当ブログでも取り上げております、ツイッター。
冒頭の叫びはボケて職人でありながらサーファーのわいふさんから。
これはわいふさんの過去のつぶやきを「叫びったー」というサービスを使って
ランダムに抽出したものを叫んだ、というわけです。

それを見た私が「ぎゃははははははは!!!
「勃起したペニス物語の芸名」決めるなぁぁぁぁ!!」とつぶやき、

イボンヌさん「わいふさんのは何度やっても必ず「はらいてーよ」「ペニス」が入ってるねw」

みる挽き「「勃起したペニス」にツボった人の叫びですね」

わいふ「どんだけペニスすきやねん・・・、俺」

みる挽き「わいふさん、ところで勃起したペニス物語の芸名は決まったんですか?」

わいふ「勃起したペニスの芸名ならわかるけど、勃起したペニス物語て人がいるんですかねwww」

みる挽き「勃起したペニスの芸名でもわからんわ!」

わいふ「勃起したペニス物語っていう小説を書けば売れるきがする・・・」

みる挽き「おきゃんてぃ~さんが予約したそうです」

わいふ「じゃあ冒頭部分書いてみますね」

…と、ここから始まった今回の企画!

すぐにアメばた会議でスレッドを立てました。

その名も「●ニスの商人」アダルトNGなので伏せ字
わいふさん筆頭に私とイボンヌさんが修飾していく様子をご覧下さい。


ある朝、男のペニスは勃起していた。

2.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:03[ 削除に一票 ]
隆々と勃起したペニス、それは、ある種、霊峰富士の威容にも似ていた。

3.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:05[ 削除に一票 ]
ふと、男は射精したくなった。

4.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:05[ 削除に一票 ]
「霊峰富士から白い溶岩が流れとるわい」

6.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:09[ 削除に一票 ]
男はおもむろに流れ出る溶岩、そしてカピカピに乾いた岩盤を取り除く。

7.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:11[ 削除に一票 ]
男は無意識の内に射精していた。

8.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:12[ 削除に一票 ]
ふと、背後から男を呼ぶ声が聞こえる・・・

9.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:16[ 削除に一票 ]
霊峰富士から蟻の門を渡るとキレイな菊の門が見えた

10.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:17[ 削除に一票 ]
男「いいアナルしてますね」

11.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:18[ 削除に一票 ]
「背後の声はなんだったのだろう・・・?」男はひとりごちて、更にペニスを拭いた。

12.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:20[ 削除に一票 ]
「いいアナルしてますね」

「?」
また聞こえる。
男は菊の門越しに周囲を見回す。

13.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:21[ 削除に一票 ]
背後から確かに「いいアナルしてますね」と誰かがささやいたのだ。

14.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:23[ 削除に一票 ]
いや“もしかしたら自分のアナルがしゃべってるのか”とハッとし、鏡で菊の門を見る

ツイッターよりみる挽き
「ぎゃははは!!ひぃ~もう苦し過ぎる!!男!何やってんだ!どんなポーズで菊の門、眺めてんだよ!オイーっ!」

15.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:23[ 削除に一票 ]
遠くで列車の汽笛が聞こえる・・・

ツイッターよりイボンヌさん
「展開変わったぞww」

16.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:25[ 削除に一票 ]
それは己の屁の音だった。

17.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:26[ 削除に一票 ]
男は手に持っていた鏡を投げ捨て
残さず、己の屁を嗅ぎあさる。

18.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:27[ 削除に一票 ]
「いい臭いだ・・たまらない」

19.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:29[ 削除に一票 ]
男は満足げに

20.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:31[ 削除に一票 ]
深呼吸し、霊峰富士をしっかりと握り叫んだ。

21.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:33[ 削除に一票 ]
「どんな陵辱されたってことか!腹いてーよ!腹いてーよ!なっ、勃起したペニスよ」

22.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:33[ 削除に一票 ]
「ヤッホ~~~~!!」

23.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:35[ 削除に一票 ]
ピンポーーーン

呼出音が部屋に響き渡った。

24.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:36[ 削除に一票 ]
テレビでは「博士の異常な愛情」が映っていた

25.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:37[ 削除に一票 ]
男には誰が来たか分かっていた

26.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:38[ 削除に一票 ]
呼出音は宅急便だった。
「そういえばネットで注文したアレだ!」

27.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:39[ 削除に一票 ]
それは風子のAVだった

28.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:40[ 削除に一票 ]
男は先走る気持ちが抑えられず、宅配業者を待たせつつ
またも射精した。

ツイッターよりイボンヌさん
「チンコ握って射精して、普通に宅配業者とやりとりww頭おかしいっすコイツww」


29.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:42[ 削除に一票 ]
「ハンコでしたね、ハンコ見つからないな~チンコじゃダメ?」

30.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:43[ 削除に一票 ]
苛立つ宅配業者を横目に 男は更なるハイテンションでチンコに朱肉をこすりつける

31.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:46[ 削除に一票 ]
男は再び射精した

32.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 11:46[ 削除に一票 ]
「風子っ!風子っ!風子っ♪風子っ♪」
もはや男はバーサーカーと化している。

33.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 11:50[ 削除に一票 ]
しかし、ふと思った
「朱肉と精子でまるでイチゴミルクみたいだ・・・なあ風子」

35.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:07[ 削除に一票 ]
男はおもむろに霊峰富士で捺印した。
宅配業者はそのネバネバの伝票を手にそそくさと帰っていった。

36.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:23[ 削除に一票 ]
男はコーヒーを飲みながら、テレビを「博士の異常な愛情」から「風子のAV」に切り替えた

37.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:23[ 削除に一票 ]
男は今日ベネズエラに旅立つ予定になっていた

38.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:26[ 削除に一票 ]
風子は液晶の画面の中で醜く喘いでいる
39.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:27[ 削除に一票 ]
「空しいな・・・」男はひとりごち、新しいパンツを履き、外出の支度をした

40.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:34[ 削除に一票 ]
新宿から成田エクスプレスに乗り、成田へ向かっている。窓の外には春の雨が降っていた。

41.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:35[ 削除に一票 ]
ベネズエラ・・・
ベネズエラは男の

42.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:36[ 削除に一票 ]
亀頭を刺激した

43.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:37[ 削除に一票 ]
ベネズエラという言葉の響きにはどこかしら、男を刺激する要素があった。

44.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:38[ 削除に一票 ]
それは、甘い果実にも似た響きだった。

45.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:39[ 削除に一票 ]
「ベネズエラ、ベネズエラ、ベネズエラ・・・」
興奮が絶頂に達するとともに霊峰富士はそびえ立った 。

46.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:40[ 削除に一票 ]
ツーンとした、甘やかな刺激とともに、男は射精した

47.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:46[ 削除に一票 ]
男のバッグの中には、昨日おばさんに作ってもらったおむすびが入っていた。

49.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:48[ 削除に一票 ]
「中身は何だろう?」

50.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:50[ 削除に一票 ]
中身は具がなかった。男はいぶかしがりながらもおむすびをほおばった。

51.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:50[ 削除に一票 ]
歯の間になにか引っかかるものがあった。

52.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:50[ 削除に一票 ]
それは陰毛だった。

53.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:52[ 削除に一票 ]
「おばさん、おむすびの具に陰毛入れてたのか・・・」
54.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:53[ 削除に一票 ]
それは全く不可解な行動に思えた

55.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:55[ 削除に一票 ]
おばさん、おむすび、陰毛、断片がバラバラになったまま男の脳裏をさまよっていた。

56.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:55[ 削除に一票 ]
「おばさんは、何でふじっこ煮と陰毛を間違えたのか!?」

57.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:57[ 削除に一票 ]
解けない謎だった。

58.イボンヌさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 12:57[ 削除に一票 ]
「お客さん、すいませ~ん切符を拝見させて頂きます」

59.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 13:01[ 削除に一票 ]
切符を確認に来た車掌の下半身は、裸だった

60.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 13:07[ 削除に一票 ]
車掌のベネズエラから目をそむける。

---春の雨は優しく降り続いていた。

61.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 13:17[ 削除に一票 ]
「ベネズエラも今、雨季だろうか、ジャングルに雨は降り注いでいるのだろうか?」男は成田空港行きの電車の中で、1人ベネズエラの雨を想像した。

62.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 13:21[ 削除に一票 ]
想像
空想・・・
いや、妄想だろうか。
男は尿道に挟みこんだ切符を車掌に見せると、
車掌は何のためらいもなく

64.わいふさんJp4__kiKT2ca[ 削除 ]2月16日 13:23[ 削除に一票 ]
男の雁首に付いた恥垢を指で拭い取った

75.みる挽きさん[ 削除 ]2月16日 13:32[ 削除に一票 ]
そんな車掌のカリ首には想像していた以上の恥垢がたまっていた。




と、ここで残念ながらアメーバさんのほうで「大盛況」の烙印を押され(精液でね)
あえなく削除されてしまうという事態に発展してしまいました。

お下劣すぎたんですかね?
このブログも削除されたら怖いんですが
どうしても続きを書きたいという著者のわいふさんからのご希望により
当ブログ、コメント欄でリレーしていきます!

以降、どなたも参加して下さい!
※ボケラッタさんは見ない方がいいです(笑)
小説の続きを読む前にこちら


バイアグラ・レビトラ・シリアス






コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。